処理漏れで恥ずかしい思いをしなくて済む!女性に足脱毛をすすめる5つの理由!

MENU

女性に足脱毛をすすめる5つの理由!

 

ムダ毛の脱毛をしたことがある人の中でも、ワキやVラインなどについで人気なのが足脱毛。ふとしたとき、自分にも目につきやすい場所なので、自分でも毛深いのは見えるし、他の人のとの比較もできやすいため、悩んでいる人は多いでしょう。特に膝から下の部分のムダ毛は気になる人も多く、自分でこまめにカミソリでの処理をしている人も少なくないはずです。

 

でも、毎日剃っていても、チクチクと剃り跡が痛かったりして、それが悩みになることも。だからこそ、脱毛サロンやクリニックでの足脱毛を検討してみませんか? 足美人に一気に近づく足脱毛について、オススメのポイントをご紹介します。

 

面倒な自己処理をしなくて済む

足脱毛を体験した人が一番の理由にあげるのが「自己処理をしなくて済むようになった」ということ。足のムダ毛は目に見えやすく、処理しやすい場所なので、自己処理している人も多いです。カミソリや脱毛クリーム、ブラジリアンワックスなど、多くのやり方があり、上手なやり方もネット上に多くの情報が掲載されています。

 

「毛深くて気になっていたので、毎日お風呂で剃っていた」という人もいるほどです。

 

一度自己処理を始めると、こまめにお手入れをしなければならないのが難点。カミソリでの処理をしている人なら、気をつけておかないと、ストッキングを突き抜けてムダ毛がのぞいている、なんて体験をした人もいるでしょう。ここぞというときに処理漏れをしてしまって、恥ずかしい思いをした人も少なくないでしょう。

 

ですが、自己処理をやりすぎてしまうと、肌を傷めたり、毛穴を大きくして色素沈着を起こしてしまったり、さまざまなトラブルをもたらしてしまいます。

 

脱毛クリームやブラジリアンワックスも、自分が思っている以上に肌や毛穴に負担を与えているもの。一時的な処理方法として、正しく活用するのはよいのですが、日常的な方法として、自己処理していると、キレイな足のための自己処理なのに、ブツブツでザラザラの足になった、なんてことにもなってしまいます。

 

脱毛サロンやクリニックでの脱毛なら、そんな毎日の自己処理から開放してくれます。確かに、施術は1回で完了するわけではなく、効果を感じるまでに脱毛サロンで6回くらい、クリニックなら4回くらいは通う必要があります。

 

足脱毛は効果を感じるまでに、その他の部位に比べて、少し時間がかかります。すべすべにするためには、その倍くらいの期間がかかることが多いのですが、それでも、その後はずっと足のムダ毛の自己処理とサヨナラできるのであれば、短い期間でしょう。剃り残しの心配も、処理漏れもなくなるので、ずっと安心して、自慢の足を出しておくことができます。

 

手触りがすべすべになる

脱毛サロンやクリニックで足脱毛することのメリットの1つは、脱毛後の肌がすべすべになる、ということ。サロンの光脱毛は、ムダ毛の毛根にダメージを与えることで、自然と毛が抜けるような仕組みです。そのため、皮膚や毛穴をひっぱることなく、するりと毛が抜けていきます。その後の毛穴は引き締まっていくため、毛穴が目立たない、きめ細かい肌になるのです。

 

もちろん、脱毛後の肌のお手入れは重要です。施術後の肌はとても敏感で乾燥しているため、いつも以上に刺激や紫外線があたらないようにケアをしていく必要があります。施術直後は、しっかりと日焼け止めを塗って紫外線からお肌を保護しましょう。お風呂に入る際も、いつものようにナイロンタオルでゴシゴシこすってはダメ。熱いお湯をかけないように気をつけながら、たっぷりの泡と柔らかいタオルで優しく洗うようにしましょう。

 

保湿も重要です。お風呂上がりには、保湿効果の高いボディクリームをたっぷり塗っておきましょう。お風呂上がりの肌は乾燥しやすく、15分以上放置しておくとどんどん乾燥がすすんでしまいます。できれば、浴室で体の水気を拭いた後、すぐに保湿クリームを塗ることをおすすめします。

 

湿り気を帯びた肌にクリームを塗ると、浸透が高まるので、高い保湿効果が期待できます。さらに、顔のお手入れをしたり、髪のドライヤーをかけたりした後、もう一度保湿クリームを塗っておくと、効果的です。

 

脱毛後の保湿に気をつけることは、施術効果を高めるためにも重要です。足の脱毛は、1~2回の施術では、あまり効果を感じられないこともあります。早く脱毛効果を感じられるようにするためにも、こまめな保湿が必要なのです。

 

このように、施術後にお肌の保湿を心がけるようになることも、足脱毛後の肌をすべすべにしてくれる理由の1つ。足は乾燥しやすい場所なだけに、その効果は如実にあらわれます。脱毛プラスこまめな保湿ケアで、手触りのよい、なめらかで潤いのある足になっていくのです。

 

黒いボツボツがなくなる

足のムダ毛処理の悩みの1つが黒いボツボツができること。その要因は主に3つあり、いずれもムダ毛を自己処理したことで発生します。

 

まず1つ目は毛穴に残った毛が目立って見えてしまうというもの。

足のムダ毛は斜めに生えており、いくら毛の流れにそってシェービングしたとしても、毛の断面は斜めになってしまいます。断面が斜めになっていれば、毛の断面積は広くなるため、毛穴から黒いブツブツになって見えてしまうのです。毛抜きを使っている場合は、埋没毛ができる場合もあります。

 

埋没毛とは、毛抜きなどで自己処理した後の毛穴に細菌が侵入し、角質層で毛穴が塞がれてしまったために、新しく生えた毛が角質層の中で成長してしまったもの。皮膚の下の毛は長くなり、黒ずみの原因になってしまいます。

 

2つ目は、毛穴がダメージを受け、色素沈着を起こしたことによるもの。

カミソリを頻繁に使用したことによる摩擦と肌へのダメージや、ワックスや脱毛テープを使った脱毛でも色素沈着が起こりやすくなります。カミソリの刃があたるときや、ワックスやテープを剥がすときにも、毛穴には大きな負担がかかります。その際、刺激に反応して肌を保護するためにメラニン細胞が増えるため、色素沈着が起こるのです。

 

色素沈着は肌表面だけではなく、毛穴の中の皮膚にも起こり、毛穴の奥からポツポツとまだらになって色素沈着がおこるのです。カミソリの場合は、広範囲に負担がかかり、足の表面全体がぼんやりとくろずんだような色素沈着になる場合もあります。

 

3つ目は皮膚炎の一種である毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)。

自己処理による乾燥などが原因となり、肌の新陳代謝が悪くなることで起こります。毛穴に角質や垢などがたまって、2~3ミリほどの小さなボツボツとなって、足の表面に現れるのです。

 

いずれの場合も、脱毛サロンやクリニックでの足脱毛によって、改善が期待できます。足脱毛なら、毛穴の中からムダ毛が抜けるので、毛穴に毛が残ることはありません。

 

色素沈着も、毛穴や肌への負担が少なくなれば、次第に薄くなっていきます。さらに、毛穴が引き締まっていきますので、毛穴も目立たなくなり、シミのような黒いポツポツも薄くなっていきます。

 

また、脱毛して毛穴が引き締まることで、毛穴に角質や垢が溜まりにくくなります。特に、原因が毛孔性苔癬だった場合は、皮膚科での効果的な治療法はないため、毛孔性苔癬の解消のために、足脱毛を始める人も少なくありません。

 

施術後の保湿ケアにホワイトニング効果があるものを選んだり、施術後、肌が落ち着いたところで角質を取り除くためのピーリングを行うなどすれば、色素沈着改善効果はより高くなります。

 

肌の色が明るくなる

足脱毛をした人の体験談に「肌の色がワントーン明るくなった!」というものも少なくありません。実は、光脱毛で活用されている光は、フォトフェイシャルで使われている光と同じもの。フォトフェイシャルの光は、肌のコラーゲンの再生に働きかけるといわれており、肌細胞を活性化させ、肌のターンオーバーを促進する効果が期待されています。

 

そのため、脱毛サロンの光脱毛を照射するということは、肌の生まれ変わりを促すということでもあるのです。肌のターンオーバーが順調になれば、新陳代謝が促進され、沈着したメラニン色素を自然に輩出。きめが整ってハリのある肌になっていくのです。

 

一般的な脱毛サロンでは、ムダ毛の毛周期にあわせて、2~3カ月に1度に頻度で施術を行います。肌のターンオーバーサイクルは、年齢や部位によっても異なりますが28~60日程度。早くなりすぎても未熟な細胞が表面に出てきてしまい、よくないと言われています。十分に育った細胞が、適度に上がってくるサイクルと施術の頻度がほどよいため、古い肌細胞の排出促進は自然な形で行われ、肌の色が明るくなるのです。

 

また、カミソリなどの自己処理を続けていた場合は、カミソリがあたっていた部分が全体的に黒ずんでいることもあります。その場合も、肌へのダメージがなくなることに加えて、肌のターンオーバーが促進されるため、肌の色が少しずつ、明るくなっていくのです。

 

もちろん、足脱毛後のアフターケアをしっかりしていることも、肌のトーンアップにつながるポイント。施術後の保湿、ホワイトニングだけでなく、ムダ毛処理の前日までに、ピーリング剤を使って古い角質をオフしておけば、肌表面がなめらかになり、施術の時にかける負担がより、少なくなります。

 

せっかく肌がきれいになるのだから、食生活も見直しましょう。ビタミンやミネラルをたっぷり含んだ食事をとることで、外部からの刺激に強い、健康な肌にしていけば、きれいになった肌を、維持していくことにもつながります。

 

どんなファッションにも自信が持てる!

足脱毛をした足は、肌のボツボツもなくなり、肌色もトーンアップ! 見た目もつやつやで手触りのいい足になります。そうなると、見せたくなってきますよね。足に自信がもてるようになれば、ショートパンツでもミニスカートでも、一年中、自信をもって着こなせるようになります。男性だけでなく、女性の目線も集まる足だけに、自信をもって見せられるということは、人生が明るくなることにもつながります。

 

足見せファッションを十二分に楽しむためにも、足脱毛をする際には、部位の選択が重要です。気になるムダ毛はひざ下、という人が多いのですが、ひざが対象部位に入っていないこともあるのです。ひざは、地面につくなどの刺激が多い場所。思っている以上にムダ毛がはえている場所です。

 

ひざ下ばかりに目をうばわれていると、ひざ下がすべすべになったとき、それまで気にならなかったひざやひざ上が毛むくじゃらに見えて困った!ということになってしまうかもしれません。ひざ上が二の腕のようにムダ毛がなくてきめ細かい肌なのであれば、それほど気にする必要はありませんが、少しでも気になる部分があったら、思い切って、足全体の脱毛を検討しましょう。お金はかかっても、満足度は大きくアップするはずです。

 

夏になり、サンダルを履くようになると、足の甲や指のムダ毛も気になってくることも。自分では見慣れているかもしれませんが、周りから見ると意外に気になるものです。ネット上の調査では、自分の足の甲や指のムダ毛を気にしている人は1割程度、という結果もでています。他の人がお手入れをしていない部分なだけに、キレイにしておけば、より自信をもって、ピンヒールのサンダルを履きこなせるようになるでしょう。

 

足脱毛の価格は、脱毛サロンで足脱毛1カ所、8~12回の施術で35,000~50,000円ほど。ひざ上、ひざ下、ひざなどのパーツに分かれているため、2~3倍の費用が必要になりますが、サロンによってはセットプランなどがある場合もあります。クリニックなら足脱毛1カ所、5~6回で7~11万くらいになります。

 

クリニックは脱毛サロンに比べて回数は少なくなり、仕上がりがサロンよりキレイで、一度脱毛するとほぼ生えてこない、という大きなメリットもあります。どちらがよいかわからない場合は、サロンのキャンペーンなどでそのメリットを体感してみるのがよいかもしれません。長いお付き合いになるのですから、心配なことがあれば、カウンセリングで遠慮なく質問をぶつけて、信頼関係が築けそうなサロンやクリニックを選びましょう。

 

目指すツルツルの足になるためには、時間もかかります。次の夏に、きれいな足をさらけだすためには、秋から脱毛を始めておくのがオススメです。紫外線の刺激も和らいでいき、きれいな肌を作っていく条件も整っています。

 

みんなが見落としがちな足に気を配るところから、女性のキレイは始まります。自信をもって、大胆なファッションに身を包む日を思い描き、思い切って、始めてみてはいかがですか?