アイライン脱毛しても毛が抜けないのはなぜ!?脱毛しても毛が抜けない原因と対策

MENU

アイライン脱毛しても毛が抜けないのはなぜ!?毛が抜けない原因と対策

VIO脱毛の中でも人気が高いアイライン脱毛。思い切ってやってみたけれど、施術後に毛が抜けない!という声は少なくありません。「2~3週間後に抜けると聞いたけど、自分は抜けない」や、「ワキや足はすぐにスルッと抜けたのに」という悩み相談は、ネット上でも多く掲載されています。

 

「失敗したのでは?」と思って、脱毛サロンやクリニックに問い合わせする人も。期待して、高いお金を払ったのに効果を感じられないのは、なぜなのか。

 

今回は、アイライン脱毛で毛が抜けない原因と、その対策をご紹介します。

 

アイライン脱毛しているのに毛が抜けない!

人気のVIO脱毛の中でも、アイライン脱毛は、施術を受ける際、とても恥ずかしい部位。しかも、非常に敏感な場所なので、光脱毛でも医療レーザー脱毛でも、脱毛施術の中では一番痛い部位です。早く終わらせたい、と思うのは当然です。強い痛みを我慢したのだから、きっとツルンと毛が抜けるはず、と思う人も多いでしょう。

 

全身脱毛やVライン脱毛を体験した後、アイライン脱毛を行う人なら、そのほかの部位で毛が抜けたイメージも強く、同じように抜けていってつるつるになる、と思ってしまいます。

 

ところが、アイライン脱毛は、すぐに効果を感じにくい場所なのです。ネット上でも「毛が全然抜けない。抜けないどころか伸びている気がする」とか「ついにアイラインは断念。うまくいきませんでした」などの体験談もあります。

 

アイラインは、全身の中でもムダ毛が根深く、強くはえている場所。毛量も多いのが普通です。子宮につながる場所なので、雑菌などが入らないよう、しっかりと守られているのからだといわれています。なので、サロンのスタッフさんも「アイライン脱毛はキレイになるまで時間も回数もかかる」とコメントしています。

 

特に、初めてアイライン脱毛をする人の毛は太いものです。数回の照射では毛が抜けない人も少なくありません。密集度も高いので、あまり減らないように見えることもあります。「2回目は2週間経っても、あまり毛が抜け落ちませんでした」という体験談もあります。

 

毛周期の関係もあるかもしれません。毛周期とは毛がはえかわるサイクルのこと。一般的にアイラインの毛の成長期のサイクルは2~3カ月ごとに訪れ、はえかわるまで1年程度かかるといわれますが、個人差が大きく、はえかわるまでに2年以上かかる人も。サイクルが平均的な人でも光やレーザーをあてた際反応するのは全体の20~30%の毛だけなので、ほとんどの毛が残ったように見え、毛が抜けないと感じてしまうのです。

 

アフターケアに問題がある場合もあります。光脱毛やレーザー脱毛は、肌の水分量が多いほど、光やレーザーが毛根まで深く届きやすくなり、毛が抜けやすくなります。また、保湿をすることで、色素沈着しづらくする効果も期待できるので、光が毛に集中され、効果が高まります。市販のものでもよいのですが、デリケートゾーン専用の保湿ジェルもあります。専用ジェルには、黒ずみを薄くする成分が含まれており、黒ずみケアもできるので一石二鳥です。

 

「サロンのスタッフさんに、施術後3日くらいしたら保湿をがんばって、と言われてがんばったら、2週間後にごそっと抜けてきた」という体験談もありますので、ぜひ、試してみて下さい。

 

毛が抜けない4つの原因

アイラインの毛が抜けない原因は、これだけではありません。毛の太さや量、毛周期といった、個人的な原因や、施術後に自宅で行う保湿などアフターケアの問題以外にも、サロンやクリニックの施術者の技術や施術方法などが関係している場合があります。

 

施術を、脱毛サロンで3~4回、クリニックで1~2回やったのに効果を感じられない、一部分だけが抜けない、という場合は、サロンやクリニックに原因がある場合もあります。施術がうまくできていない可能性を疑って、相談してみることをおすすめします。

 

サロン側の原因は主に4つです。

  1. 照射漏れの可能性
  2. 脱毛の方法が肌や毛に合っていない
  3. 照射レベルが低い
  4. ダメージを十分与えられていない

 

アイライン脱毛は、デリケートな部分であることにプラスして、スタッフが不自然な姿勢になって施術することも多いため、非常に高い技術を要求される脱毛部位。集中力も要求されます。なので、スタッフのスキルが低いと効果が出にくいということもあります。

 

いずれの場合も、原因を取り除かなければ、何回通っても毛が抜けない、ということになりかねません。アイライン脱毛は継続することで効果が高まることも多い脱毛部位。毛が抜けないから効果がない、とあきらめてしまう前に、技術的な原因を探って、少しでも早く効果がでるように働きかけていくことも重要です。

 

照射漏れの可能性

もっとも多い原因が照射漏れ。光脱毛マシンの光がきちんと皮膚に照射されておらず、毛根にダメージを与えられていない状態です。光脱毛器やレーザー脱毛器の照射光と実際の照射範囲にはズレがあり、照射間隔が開いてしまったり、照射光のあたり方が悪かったりすると、照射漏れが発生することがあります。

 

また、アイラインは、特に凸凹が多い部位。施術スタッフは、凸凹のある皮膚を伸ばしながら光やレーザーをあてていきます。そのため、他の部位に比べて前に照射した部分を見落としてしまったり、光やレーザーの照射方向と毛穴が垂直にならない毛がでたりしてしまいがちなのです。光やレーザーの照射は、手作業で行っているため、施術するスタッフの技術力が大きく影響しやすいといえるでしょう。

 

足や腕など広い部位に比べると、アイラインの照射漏れはわかりにくいものです。全部の毛が抜けないのではなく、不自然に毛が残った、や、一部分だけ抜けない、という場合は、照射漏れを疑ってみましょう。特に、クリニックでのアイライン脱毛で、3週間経っても抜けなかった場合は照射漏れの可能性が高いです。

 

医療レーザー脱毛の場合はサロンの光脱毛より効果が高いので、照射漏れの判断がしやすくなります。クリニックでもサロンでも、照射漏れかな、と感じたら、次の来店時に「一部分だけ毛が抜けなかった」と伝えてみましょう。照射漏れがないように気をつけて、照射してくれるようになります。

 

サロンやクリニックによっては、照射漏れを指摘し、サロンで確認された場合は、再照射してくれることもあります。事前に、照射漏れへの対応も確認しておくとよいでしょう。

 

脱毛の方法が肌や毛に合っていない

脱毛方法が自分の肌や毛質に合っていないという可能性もあります。

 

アイライン脱毛の方法は、大きく分けると、脱毛サロンで行われる光脱毛と、美容クリニックなど医療従事者が行う医療レーザー脱毛があります。光脱毛はレーザー脱毛より照射する光が弱く、肌への刺激や痛みが少ない脱毛法です。一方の医療レーザー脱毛は照射の刺激が強く、強力に脱毛できる脱毛法。短期間で完了できるというメリットがあります。

 

アイラインの毛がしっかりしている場合は、医療レーザー脱毛の方が効果を感じやすいことがあります。

 

脱毛サロンの光脱毛の方法もサロン毎に少しずつ異なるものもあります。例えば、エピレや銀座カラーなどが採用しているIPL脱毛や、ミュゼ・プラチナム等が採用しているSSC脱毛などは、周波数等やあて方、毛根へのダメージの与え方が異なる、独自の光や、光の活用法を工夫した手法です。

 

IPL脱毛で使用している光は黒色のメラニン色素に反応する性質があり、ムダ毛に光を集めることで毛根にダメージを与えて減毛します。SSC脱毛は、専用のジェルを施術部位に塗り、そこにクリプトンライトという光を照射する方法です。光のエネルギーで植物由来の制毛成分を毛穴に浸透させ、毛が生えてくるのを抑えます。美肌効果も期待できる施術方法です。

 

アイラインの毛が太くて濃い、いわゆる剛毛の場合は、一般的にIPL脱毛の方が、毛が抜けやすいようです。サロンによって、独自の方法を採用している場合があるので、どんな特徴がある方法なのか、事前に確認しておきましょう。どうしても効果が感じられない場合や、早く高い効果を得たい場合は、サロンの乗り換えや、脱毛サロンからクリニックでの脱毛に変更する、などの方法をとることも検討してもよいかもしれません。

 

照射レベルが低い

脱毛サロンの施術で効果を感じにくい原因の多くは、他の部位への照射に比べて照射レベルが低く設定されているということによります。全身の脱毛の中で、アイラインの脱毛は特に痛みが強い部位です。また、アイラインには色素沈着があることが多いため、色素に反応して熱を発生させるIPL脱毛を採用しているサロンの場合、皮膚の黒い部分に反応して、やけどをしてしまう可能性もあります。

 

そこで、やけどや肌の乾燥などのリスクをさけるためにも、また、慣れない施術時の痛みを抑えるためにも、最初は照射レベルを低く設定してあるサロンが多いのです。照射レベルが低いと毛根に与えるダメージが小さくなるため、一回の施術だけでは、毛はなかなか抜けなくなり、脱毛効果を感じにくくなるのです。

 

通常は、2回目以降は、痛みの感じ方を確認しながら、我慢できる程度に照射レベルを上げていきます。しかし、2回目や3回目も照射レベルが弱すぎるままになっていると、効果がでにくくなります。照射レベルは、回数や状態、肌や毛の強さ、毛質によって変更してもらう必要があります。痛みの間隔や効果の出方を、毎回スタッフさんに伝えて、そのときに合ったレベルに設定してもらうようにしましょう。

 

サロンによっては、機械の老朽化などにより、適切な照射レベルが出せない場合もあるようです。この場合は、何度施術しても思ったような効果は感じられません。そんなことにならないよう、事前にサロンの評判を口コミなどで確認することも重要です。

 

ダメージを十分与えられていない

主に、初回の脱毛後に効果を感じられない場合は、毛根へのダメージが十分に与えられていないことが原因になっていることが多いようです。初めてのアイライン脱毛の場合、それまでにダメージを受けていない状態の毛の組織は元気に機能しています。そこに低レベルの出力で光を照射しても、毛根に毛が抜け落ちるほどのダメージを与えることができず、毛が抜けづらいのです。

 

また、毛周期が関係している場合もあります。人間の毛は平均して2~3カ月で成長期を迎えます。光やレーザーによる脱毛がダメージを与えるのは、毛と毛根のつながりが強い成長期の毛根のみ。表面に見える成長期のムダ毛は全体の3割程度なので、そのほかの、成長が終わった毛や、すでに毛が抜けて毛根が休止している状態の毛には効果はありません。

 

アイラインの脱毛は、回数を重ねることで効果が実感できる部位。あきらめずに通うことで、効果は目に見えてきます。体験者のコメントには「脱毛5回目で、抜ける量が全体的に多くなりました。施術後2週間くらいで毛が抜けるのがわかるようになりました」というものもあります。

 

このように、サロンの光脱毛の場合は、5~6回目くらいから抜ける毛の量が増え、毛量が減ってきたという実感が得られるケースが多いです。痛みも5回くらいから慣れてきて、照射レベルもあげられるようになりますので、毛根へのダメージも十分に与えられるようになり、効果がより、出てくるようになってきます。

 

効果を感じられない場合はすぐに相談しましょう

「施術したのにアイラインの毛が抜けない!」といっても、その原因はさまざま。自分の毛や施術時の様子などを観察しながら、その原因を探る必要があります。

 

そして、明らかに効果が感じられない場合、すぐにサロンやクリニックに相談することが重要です。

 

面と向かって相談しにくい場合でも、多くのサロンやクリニックでは、相談窓口が設けられていますので、そこに、電話やメールなどで相談すれば、すぐに対応してくれます。2回目までは様子を見てもよいかもしれませんが、それ以降は、我慢せずに、気軽に相談してみましょう。きっと、状況を改善する方法を提案してくれるはずです。

 

もし、相談しても対応してくれない場合は、別サロンへの乗り換えを考えるのも一つの方法です。

 

なにより続けることが特に重要なのがアイライン脱毛。サロンなら10~20回、クリニックなら5~10回の施術が必要といわれています。1、2回の施術で効果がでないからといってあきらめて辞めてしまわず、状況を変えていくようにしましょう。

 

照射漏れなどが多いと感じた場合は、担当者を変更してもらうこともできます。アイラインは、他の部位に比べても、より信頼できるスタッフにお願いしたいと思うもの。遠慮せずに相談して、早く効果を感じられるようにしたいものです。

 

なによりいけないのは、効果がでないからと勝手にセルフケアに切り替えてしまうことです。せっかくきれいな肌になりかけていたのに、傷や肌荒れの原因を自分で作ってしまうことになりかねません。特にアイラインのセルフケアは、ちくちくしてかぶれてしまったり、黒ずみの原因にもなったりしますので、絶対に、毛抜きで抜いたり、剃ったりすることはやめましょう。

 

回数が決まっているプランであれば、規定の回数までに求めるすべすべ肌に近づいていなければ、せっかくアイライン脱毛に挑戦したのにムダになってしまいます。効果がでない原因をつきとめて、きれいなアイラインを手に入れて下さい!