見えない細部にまでキレイに!背中脱毛で後ろ姿も美人に!背中脱毛のメリットとは?

MENU

背中脱毛で後ろ姿も美人に!背中脱毛のメリットとは?

 

自分では見えない背中。ふと気がつくと、産毛というには黒い毛が渦巻いていたりして、びっくりする場所でもあります。後回しにしていると、背中があいた服や水着を着ようと思ったとき、慌ててしまうことも。さらには、結婚式のドレスを選ぶとき、早めにしておけばよかった、と後悔する人も多いようです。

 

自分では気付かず、処理もしにくい背中脱毛について、メリットとデメリットをご紹介していきます!

 

背中脱毛をすると後ろ姿に自信が持てる

脱毛を考える人のきっかけは、やっぱり、腕や足、ワキなど。目に見える場所だし、自分でも処理ができる場所です。背中は、他の人に見られることがないし、どのくらいムダ毛が生えているかは気づきにくいもの。産毛がほとんどなので、鏡で見ても、それほど気づかない、ということもあります。ですが、面積が広い背中は、他の人から見たとき、意外と目立ってしまう場所なのです。

 

特に男性は思っている以上に女性の背中やうなじを見ている、というアンケート結果もあります。夏に浴衣を着て髪をアップにしたときや、少し大胆な水着に挑戦したときなど、背中やうなじが気になってしまっては、楽しめないだけでなく、その場の雰囲気を台無しにしてしまうこともあるかもしれません。

 

産毛程度の人でも気になることがあるのですから、少し濃い毛が生えているという人は、背中が目に入る度に落ち込んでしまうことも多いでしょう。けれど背中は、手が届きにくい場所。カミソリや除毛クリームを使って、自分でなんとかしたいと思っても、なかなか上手に処理することができません。

 

背中の産毛を処理するための専用タオルなども話題になっていますが、どのやり方も、一番の問題は、肌への負担がかなり大きいということ。なんとか自分で処理してみたものの、背中が肌荒れしてしまった、という体験談もあります。背中をキレイにするために脱毛したのに、逆に肌荒れを起こして汚くしてしまっては本末転倒です。

 

 

やはり、最終的にオススメできる背中脱毛の方法は、脱毛サロンやクリニックでの脱毛です。サロンやクリニックの背中脱毛は、「うなじ」「背中(上)」「背中(下)」など、複数の部位にわけて施術しているところが多いです。分けて施術を受ける人もいますが、脱毛してしまうと、境目や施術しなかった部位がより気になるようになった、という声もあります。

 

 

部位で脱毛するより、全身脱毛を選択したほうがお得な場合もあり、「背中全部をきれいに脱毛したら、肌がワントーン明るくなったと言われた」という人も。きれいな背中を手に入れれば、後ろ姿にも自信がもてるようになるもの。「本当におしゃれな人は、目に見えないところにも気を配る」とも言われます。どんな服を着ても、どんな場所でも、どこから見られても大丈夫、という自信は、自分をよりキレイに見せる大きなポイントになりますよ。

 

服や水着など露出しても恥ずかしくない

ネット上の体験談を見ると、背中脱毛をしてよかった、という人のほとんどが「見せても恥ずかしくなくなった!」とコメントしています。特に、結婚式を迎える人は、背中が大きく開いたドレスを選びたくなるものですね。水着や大胆な服、ドレスで露出しても恥ずかしくなくなった!というのは、背中脱毛の大きなメリット。そういった服や装いを楽しんでこそ、キレイになった背中の魅力を最大限に感じられる、ということもあります。

 

ですが、注意が必要なのは、背中脱毛は予想以上に時間がかかる、ということ。「結婚式前に気づいて慌ててサロンに行ったけど、間に合わなかった!」という体験談もあります。夏になる直前に「彼と海に行くことになった!」と脱毛を始めても、間に合わないのです。サロンやクリニックの脱毛法は、毛の黒い色素に反応して処理をしていくというやり方。背中のムダ毛は他の部位の毛に比べて色素が薄いために、脱毛効果が現れにくいのです。

 

サロンの光脱毛であれば10回以上、クリニックの医療レーザー脱毛であれば5~6回以上でようやく薄くなったように感じるという人が多いです。

 

海水浴シーズンを目指して脱毛をはじめるのであれば、前年の秋くらいに始めないと、間に合わないのです。自分の背中の毛が薄いと感じている人は、事前のカウンセリング時に、脱毛効果が期待できるのか、どのくらいの期間が必要なのかを確認しておくとよいでしょう。

 

とても効果を感じにくい背中脱毛ですが、最近では、産毛に強い方式も開発されています。例えば、大手脱毛サロンのミュゼプラチナムで採用されている「SSC方式」は、一般的な光脱毛と異なり、抑毛成分が入ったジェルを使用して、脱毛を促進するというもの。光だけで脱毛するのではないので、産毛にも作用しやすいといわれています。

 

そのほかにも、「SHR方式」や「バイパースキン脱毛」など、産毛にも対応できるといわれる方法を採用しているサロンがあります。背中脱毛をメインの目的とする場合は、料金や口コミだけでなく、採用している方法にも注目してみましょう。

 

サロンでの脱毛では、間に合わない!という場合はクリニックでの医療レーザー脱毛がオススメ。高い出力で施術することができるので、比較的に早めに効果を感じることができます。ただし、出力が強すぎるとヤケドしてしまう可能性もあるため、施術スタッフの高度な技術も必要。口コミなどを見て、信頼できるクリニックを選びましょう。

 

美容効果やニキビにも効果的

背中脱毛のメリットは、ムダ毛がなくなる、だけではありません。背中は全身の中でも皮脂が多い部位。少しへこんでいるため、体を洗うときに、洗い残してしまうこともあり、背中ニキビに悩んでいる人も少なくありません。ニキビの原因は、毛穴の詰まり。毛穴に皮脂や汚れがつまることで、アクネ菌が繁殖し、ニキビになるのです。

 

背中の産毛は、ホコリを巻き込むこともあり、小さなホコリが毛穴に詰まってしまうことも。背中脱毛をすることで、毛穴が引き締まるだけでなく、このようなホコリがキャッチされることが格段に少なくなります。そのため、アクネ菌が繁殖することがなくなり、ニキビができにくくなるのです。また、光脱毛は殺菌効果も期待できます。

 

光脱毛では、毛根に刺激を与えて、なくしていくので、毛根付近にいる、アクネ菌など肌トラブルの原因となる細菌を殺菌するだけでなく、繁殖を抑える効果も期待できます。一度ニキビができてしまうと、その周辺にもできやすくなりますが、ニキビがどんどん減っていけば、肌はきれいになっていくもの。背中で目立つ赤いブツブツは、次第に消えてきます

 

さらに、脱毛サロンで行われている光脱毛は、美顔に使われるフォトフェイシャルと同じ光。当てることでコラーゲンを生成する肌の機能を活性化するといわれています。コラーゲン生成機能が活性化すれば、肌のターンオーバーが正常化。ニキビ跡は自然に改善され、キレイな肌に生まれ変わらせてくれるのです。

 

また、毛穴が引き締まることが、肌もキレイに見えます。毛穴のないつるんとした肌は女性にとって憧れ。光を乱反射することがなくなり、陶器のように均一でキレイな背中に見えるのです。ムダ毛が影を作ることもなくなり、肌の色が明るくなった、という人も少なくありません。

 

これらの背中脱毛効果は、サロンやクリニックでの脱毛施術だからこそ期待できるものです。自分でカミソリで剃ったり、脱毛クリームやブラジリアンワックスなどで脱毛してしまうと、逆に肌を傷めてしまい、ニキビの原因を作ってしまうこともあります。また、背中脱毛タオルでの脱毛でこすりすぎてしまい、色素沈着した、という例も。

 

背中脱毛のメリットを最大限、手に入れるためにも、やはり、サロンやクリニックのプロにおまかせするのがオススメなのです。

 

背中脱毛を行うと同時に気を付けたい事

背中脱毛を行っているとき、よく聞かれるのが「毛が濃くなった」「毛が増えた」という体験談。実は、産毛の脱毛には「増毛化」「硬毛化」というリスクがあるのです。これは、産毛を脱毛したときに起こりやすいもので、光やレーザーの刺激で、毛が増えたり、濃くなったりする現象のこと。原因が解明されておらず、認知度も低いため「脱毛しているのに!」と驚く人もいます。

 

サロンによれば、「増毛化」「硬毛化」を発症する人は、脱毛を行う人の10%程度で、サロンよりクリニックの医療レーザー脱毛で発症する人が多いです。ただし、「増毛化」「硬毛化」が起こった場合、もともと色素が薄かった毛が濃くなるため、レーザーや光が反応しやすくなります。施術を続ければ、その分効果が感じられるようになっていきます。

 

そのため、クリニックによっては、「増毛化」「硬毛化」を発症したときの保障を設けているところがあり、追加料金や途中解約にならずに施術してくれます。心配な場合は、初回のカウンセリング時に、「増毛化」「硬毛化」のリスクへの対応も質問しておきましょう。きちんと説明してくれるサロンやクリニックであれば、心配なく施術を受けることができます。

 

施術期間中は、施術後のケアにも気を配りましょう。脱毛後の肌はとってもデリケート。少しでもケアを行ったりすると、せっかくの脱毛効果が半減してしまいます。脱毛後にお風呂に入る際は、ナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシ洗わず、柔らかいタオルで優しく、なでるように洗いましょう。

 

また、ボディーソープやシャンプー、トリートメントなどが肌に残っていると、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。いつも以上にしっかりと洗い流すようにしましょう。入浴する際は、髪を洗ってから体を洗うなどして、肌に洗浄成分が残らないように心がけるとよいでしょう。また、髪が背中やうなじの肌に直接触れることも刺激になります。髪を結んでおいたり、アップにしておくなどして、できるだけ刺激を与えないように注意しましょう。

 

重要な予定の直前に施術を行わない、ということも背中脱毛で気をつけておきたいこと。背中は広いので、少し赤くなっているだけでも目立ってしまいます。サロンでもクリニックでも、施術後、3週間程度で毛が抜けてきます。その後、8週目くらいまではキレイな状態が続きます。背中を出した服を着たい、水着を着たい、お風呂に一緒に入る人がいる、など、背中に注目が集まる予定は、施術のサイクルを考えながら、余裕を見て、いれるようにしてください。

 

背中脱毛の後は保湿を忘れずに!

脱毛後の肌で重要なのは保湿です。これは、背中脱毛に限らず、すべての部位の脱毛後のケアに当てはまりますが、特に背中は、手が届きにくく、面積も広いことから、お手入れがおろそかになりがちです。施術後の乾燥した肌をそのままにしておくことは、脱毛の効果を弱めることにもつながります。

 

「あまり効果が感じられなかったが、サロンで言われたとおり、しっかり保湿したら、ポロポロ抜けるようになった!」という声もあるほど、重要です。特に入浴後の肌は、15分以上経過すると急速に乾燥すると言われます。できれば、浴室で保湿クリームを塗るとよいでしょう。濡れた肌に保湿クリームを塗ると、肌なじみもよくなります。乾燥肌の人は、しばらくたってから再度、塗り重ねるようにするとより効果的です。

 

両手だけで届かない場合は、孫の手のような長いヘラや、コットンを挟んで使用するスティックなどの便利グッズも販売されていますので、活用するとよいでしょう。さらに、加湿器を効果的に使って湿度を40~70%程度に保てば、肌の乾燥を抑えることもできます。ただし、しっかり清掃したり、蒸気を直接肌にあてたりしないよう、正しい使い方ができるよう注意しましょう。

 

背中にあたる衣服にも少し気を使ってみましょう。化学繊維は摩擦による静電気で、肌に刺激を与えます。パジャマやシーツなどは、肌に塗った保湿クリームの油分が付着していることも多く、ニキビの原因になりやすいので、いつもよりこまめに洗濯するのがオススメです。

 

さらに、食事でも保湿に気を配ることができます。せっかく背中がきれいになるのだからと、ダイエットのために間違った食事制限をしていては、肌トラブルが起きやすくなります。皮膚の乾燥を防ぐためにも、必要以上に油分の摂取を控えるのではなく、質の良い脂質を摂取しましょう。中でも、体内で合成できない「必須脂肪酸」は心がけて摂取する必要があります。

 

コーン油やごま油などに含まれる「オメガ6系脂肪酸」だけでなく、不足しがちな、サバやイワシなどの青魚や話題の「亜麻仁油」などに含まれる「オメガ3系脂肪酸」を意識して食事に組みこめば、肌のターンオーバーが正常に機能するようになります。

 

また、肌の乾燥にもつながる紫外線対策も重要なポイント。特にサロンやクリニックからの帰り道や脱毛直後は、紫外線の影響が非常に大きいとき。日焼け止めをしっかり塗るだけでなく、スカーフや日傘を使って、直接紫外線が肌に当たらないように気をつけましょう。

 

なかなか気づかないけれど、やってみればメリットも多い背中脱毛。誰から見られてもキレイな背中を手に入れて、自分に自信がもてるようになれば、人生は少し、楽しくなるかもしれませんね。