産毛脱毛は脱毛しにくい!?本当につるつるにするためには産毛脱毛はどうすれば良い?

MENU

産毛脱毛は脱毛しにくい!?つるつるにするためにはどうすれば良い?

腕や足、両わきに生えているムダ毛を綺麗にすることは、女性の大切な美容ケアの1つです。ですので、半袖やキャミソールで肌の露出が高くなる夏場は、何度もムダ毛の自己処理を繰り返すという女性が多くなります。

 

また、腕や足のムダ毛はスカートの着用や腕まくりによって目立つ部分でもあるので、一年を通して習慣化しているという人も少なくありません。

 

ムダ毛を自分で処理する方法には、カミソリや電気シェーバーを使って剃ったり、除毛クリームを利用するなどの方法があります。これらの方法はムダ毛の処理にかかる費用が安いというメリットがあります。ですが、肌の表面にあらわれているムダ毛のみを処理するので、すぐにムダ毛が伸びて、黒いプツプツとなって目立ちやすくなるので注意が必要です。

 

これに加え、ムダ毛の処理回数が多くなる原因にも繋がり、肌トラブルが定着してしまう可能性もあるので気を付けましょう。

 

ムダ毛の処理というと手足や両わきをイメージする人が多いですが、顔の生えている産毛をケアすることも大切です。顔の産毛は細くて目立ちにくいものの、鼻の下や眉間に生えていると、非常に人目につきやすいのが特徴です。これにより、美容に疎い女性だと思われることもあるので、常に丁寧に処理するように意識しましょう。

 

丁寧に顔の産毛をケアすれば、肌色がワントーン明るくさせることが期待できます。さらに、化粧下地やファンデーションを肌に密着させることができるので、メイク持ちが良くなるのも魅力です。さらに、普段のスキンケアで使用している化粧水やクリーム、パックなどに含まれている美容成分の浸透を高めることも可能です。

 

 

顔の産毛ケアも、ほかの部位のムダ毛処理同様に、毎日頻繁に行っていると肌トラブルを起こしてしまいます。顔の皮膚はデリケートなため、頻繁な無駄の処理が原因で乾燥肌や敏感肌、シミのような黒ずみへと悪化することも考えられるので気を付けましょう。これを避けるためには、美容クリニックやエステサロンで産毛脱毛にチャレンジするのがおすすめです。

 

 

産毛脱毛は効果が出にくい

脱毛は大きく分けると美容クリニックなどの医師のいる施設で受けるものと、エステサロンのように美容施設で受けるものの二種類があります。美容クリニックや美容皮膚科では、肌にレーザーをあてて脱毛するのがメイン方法になります。何故なら、レーザーを照射するためには医師の資格が必要になってくるからです。これに対してフラッシュ脱毛は施術に資格が必要ないため、美容クリニックはもちろん、エステサロンでも施術できるのが特徴です。

 

美容クリニックのレーザー脱毛も、エステサロンによるフラッシュ脱毛も、どちらもムダ毛に含まれているメラニン色素に作用します。このメラニン色素は私達の体に生える毛を黒くするという働きがあります。ですので、肌に照射するだけで毛穴の奥の毛根にダメージを与えることが期待できます。

 

メラニン色素は、太くて濃いムダ毛にほど多く含まれています。ですので、両わきやVIOラインのように、ムダ毛が濃い部分ほど脱毛効果が得られやすいという特徴があります。反対に、顔や背中のようにムダ毛が細い部分は、脱毛施術を行っても効果があらわれにくいという特徴があるので注意が必要です。

 

そのため、産毛脱毛は両わきや手足の脱毛と比較すると、何度も施術を繰り返す必要が出てきます。ですので、産毛を脱毛でケアしたいと思ったら、長期間脱毛施設に通うことを頭に入れて、施設選びすることがポイントになってきます。

 

脱毛施術をスムーズに進めていくためには、自宅や学校、職場から近い美容クリニックやエステサロンを選ぶことがコツになります。いくら評判の良いサロンでも、通うのに何時間もかかる店舗では、脱毛そのものを続けていくことが困難になるからです。さらに、店舗の営業時間や休業日をチェックしておくことも重要です。

 

平日の営業が夜遅くまでしていることに加え、土日や祝日も休まず営業していれば、自分のペースで脱毛予約を入れることができるので、スムーズにムダ毛を綺麗にしていくことが期待できます。これに、予約のキャンセル方法を確認することもポイントです。

 

産毛脱毛に適した脱毛の種類

 

産毛の脱毛は、手足や両わきと比べると非常に細いため、施術時の肌の刺激が少ないという特徴があります。そのため、痛みを感じにくいことが多いので、脱毛初心者におすすめの施術とも言えます。ですが、顔の産毛は皮膚がデリケートな部分に生えているため、施術時の痛みが大きくなることが考えられます。顔の産毛を綺麗にしたいと思ったら、痛みの少ない脱毛方法を選ぶことがポイントになってきます。

 

痛みが少ない脱毛方法は、脱毛マシンを確認することで選びやすくなります。一般的に、美容クリニックや美容皮膚科でメインに行われているレーザー脱毛より、エステサロンのフラッシュ脱毛のほうが痛みが少ないので、こちらを選ぶことで快適に産毛脱毛を進めることが期待できます。

 

フラッシュ脱毛は、肌に光をあててムダ毛を生えにくくする施術になります。レーザー脱毛の照射威力を弱めてものなので、1度に広範囲をケアしても肌トラブルが起きにくいのが魅力です。ですので、背中やお腹、胸元など広い部分のムダ毛の処理にも向いています。

 

フラッシュ脱毛で脱毛した場合、脱毛完了までにかかる施術回数は12回から18回ほどが目安になってきます。この施術回数を数か月に1回のペースで進めていくのが一般的なので、脱毛完了までには2年から3年ほどかかる計算になります。このことを考慮して、通いやすい店舗を選んだり、費用を見積もる必要があります。

 

一方のレーザー脱毛も、数か月に1回のペースで脱毛施術を進めていきます。このペースは、毛周期と呼ばれるムダ毛の生え代わりのサイクルが関連しています。ムダ毛には成長期、退行期、休止期の3つの期間があり、ムダ毛に最も多くのメラニン色素が含まれる成長期は、数か月に1度のペースで訪れます。ですので、このタイミングで脱毛施術をすることで、肌ダメージを抑えつつムダ毛を綺麗にすることが期待できるのです。

 

レーザー脱毛の場合、1回の施術の脱毛効果が高いため、脱毛完了までにかかる期間はフラッシュ脱毛よりも短くなっています。半年から1年ほどが目安になってくるので、早く脱毛を終わらせたいという人がチャレンジするのがおすすめです。

 

レーザーによる産毛脱毛

レーザー脱毛は、美容クリニックや美容皮膚科のように医師のいる施設でメインに行われています。レーザー脱毛の最も大きな魅力は、脱毛効果が高いということです。

 

ムダ毛に確実にダメージを与えていくことが期待できるので、永久脱毛に近い仕上がりにすることも可能です。レーザー脱毛でムダ毛をケアを終了させれば、その後の自己処理がほぼ不要になるので、ムダ毛ケアにかかる費用や時間を浮かせることもできます。

 

レーザー脱毛は、施術に使用するマシンによって脱毛効果が変わってくるという特徴があります。ですので、レーザーで産毛をケアしていきたいと思ったら、脱毛マシンを確認して施術を進めるようにしましょう。

 

アレキサンドライトレーザーという脱毛マシンは、レーザーの波長が短いという特徴があります。そのため、肌の表面に近い部分に生えているムダ毛をケアするのに適しています。これに加え、肌に定着したメラニン色素にも反応するので、シミやニキビ跡、そばかすを薄くすることも期待できます。顔の産毛脱毛にアレキサンドライトレーザーを使用すれば、美肌効果も得られるのでおすすめです。

 

YAGレーザーという脱毛マシンは、アレキサンドライトレーザーとは反対に波長が長いのが特徴です。肌の奥深くの毛根を取り除くのに優れているうえに、肌表面のコンディションに左右されずに施術できるのが魅力です。多くの脱毛マシンでは、日焼けの色が濃い状態では施術ができませんが、YAGレーザーなら肌色が濃くても施術できる場合があります。日焼けをしてしまった夏場だけ、YAGレーザーでケアするという使い方もできるので、脱毛前にスタッフと相談して使用してみましょう。

 

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの、ちょうど中間ほどの波長をしています。これは日本人のムダ毛の状態と肌質にあっている波長になります。ダイオードレーザーの大きな魅力は、両わきのように濃くて太いムダ毛に加え、産毛も綺麗に処理できるところにあります。

 

光による産毛脱毛

肌に光を照射するフラッシュ脱毛は、施術に医師の資格が必要ないため、エステサロンで多く使用されています。また、美容クリニックや美容皮膚科でもマシンを導入しているところがあります。

 

フラッシュ脱毛は、施術に使うマシンによってムダ毛の処理方法が大きく変わってきます。さらに、濃いムダ毛と薄いムダ毛、どちらに効果があるのかも別れてくるので、十分チェックして脱毛にチャレンジするのがおすすめです。

 

IPL方式と呼ばれるフラッシュ脱毛は、レーザー脱毛同様にムダ毛に含まれているメラニン色素に反応するのが特徴です。ですが、レーザーよりも照射威力が弱められているので、痛みが少ないというメリットがあります。IPL方式は、メラニン色素が多く含まれている太いムダ毛ほど、効果が得られやすくなっています。ですので、自分のムダ毛をチェックして太くて濃いものが多い人は、IPL方式でケアすることで、脱毛効果を得られやすくなります。

 

SSC方式の脱毛は、専用のジェルを肌に塗るのが特徴です。この専用ジェルにはムダ毛を生えにくく成分が配合されていて、これを毛穴から奥へと浸透させて脱毛を進めていきます。そのため、施術時の痛みがほとんどないというメリットがあります。さらに、メラニン色素の量が少ない産毛も、きちんとケアすることができるので顔脱毛におすすめです。

 

フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛よりも多くの施術回数が必要になってきます。そのため、脱毛期間が長くなりがちですが、SHR方式を選ぶことで、その欠点をカバーすることができます。SHR方式の脱毛は、ムダ毛の周辺組織に熱エネルギーと与えていくのが特徴です。この方法はメラニン色素にダメージを与える必要がないので、ムダ毛がない休止期にも脱毛施術をすることができます。

 

これにより2週間に1回という早いペースで脱毛を行うことが可能です。フラッシュ脱毛の脱毛完了回数の目安となる12回から18回の施術を、約1年ほどに集中して行えるので、短期間で痛みをほとんど感じずツルツル素肌に仕上げることが可能です。

 

産毛脱毛をすると起こりうるトラブルとは?

顔や背中、胸元の産毛を脱毛することで、肌色を明るく見せることができます。さらに、パックやボディクリームなどのスキンケアの効果を高められるので、女性ならチャレンジして損はありません。ですが、脱毛はきちんとしたケアを行わなければ肌トラブルが起こる可能性があります。これは脱毛方法だけではなく、脱毛前後の過ごし方も深く関わってくるので注意しましょう。

 

産毛脱毛で起こりやすいトラブルに、肌の痛みや赤み、腫れなどがあります。これらの症状を防ぐためには、スキンケアが重要になってきます。脱毛直後のアフターケアだけではなく、普段から肌の状態を整えるように意識しましょう。

 

私達の肌は、水分量が低下すると外からの刺激に過剰に反応するという特徴があります。カサカサと乾燥した肌が赤く見えるのは、肌が炎症していることが原因です。この状態で脱毛施術を行うと、通常時よりも肌が赤くなったり、腫れや痛みが出るので注意が必要です。脱毛にチャレンジしようと思ったら、保湿効果の高い化粧水や美容液を使って、肌を潤すように意識しましょう。

 

産毛脱毛であらわれる肌トラブルは、脱毛のタイミングを工夫することで和らげることが可能です。女性が産毛脱毛をする時は、生理前後を避けることがポイントです。生理時は女性ホルモンのバランスが大きく変わります。これにより肌のバリア機能が低下するので、脱毛施術を行うと肌トラブルが強く出る原因になってしまいます。

 

美容クリニックやエステサロンによっては、VIOライン以外は生理中に施術できるところがありますが、敏感肌だという人は、その日を避けて脱毛予約を入れるようにしましょう。

 

脱毛施術を終えた肌は、非常にデリケートになっています。ですので、なるべく刺激を与えないようにすることが大切です。衣服や下着による摩擦も刺激に繋がる場合があるので、脱毛をする時は、ゆったりとした服装を心がけるようにしましょう。特に日焼けは、肌に大きなダメージを与えてしまうので、脱毛直後は紫外線対策を十分意識しましょう